過去のキャンペーン全エントリ一覧ときめきポイントをWAONポイントに交換イオンカードの明細確認イオンカードのネット入会

プロフィール

イオンカード速報

Author:イオンカード速報
イオンカードのおトクな情報をお届けします。賢く使って、しっかりトクしちゃいましょう!

<免責事項>
このブログに掲載している情報は記事をアップした時点で公式サイトに掲載されている情報をもとに編集しています。キャンペーン期間終了や内容の変更により、記事とリンク先の情報に相違が発生した場合、公式サイトの情報を正とします。ご了承ください。

<連絡先>
aeoncard01@gmail.com

<ツイッターアカウント>
@aeoncard01

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

オススメカード

イオンカードセレクト


イオンカード(WAON一体型)


イオンSuicaカード


コスモ・ザ・カード・オーパス


当サイトの人気記事(30日間)

ときめきポイントをWAONポイ ントに交換(第一回:交換元 クレカ)

12月20日はときめきポイントの交換期限です。

各所で言われていることですが、ときめき→WAONのやり方は分かりにくいですよね。そもそも、分かりにくいと言うか、できないパターンも存在しますので、交換応募のピークを迎える前にちょっとおさらいしておきましょう^^

まずは、用語を整理。

・ときめきポイントがたまっているイオンマークのカード→「交換元クレカ」
・WAONポイントを交換したいWAON→「交換先WAON」

としておきます。

1.交換元クレカの条件
ここでつまづいてしまうケースもありますが、交換元クレカとして有効なのは以下のイオンマークのカードに限定されます(イオンカード公式サイトより引用)。


  ・イオンカードセレクト
  ・イオンカード(WAON一体型)
  ・イオンsaQwaカード
  ・イオン首都高カード(WAON一体型)
  ・イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)
  ・ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)
  ・イオンE-NEXCOpassカード(WAON一体型)
  ・スポーツオーソリティWAONカードプラス
  ・コスモ・ザ・カード・オーパス(WAON一体型)
  ・コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」(WAON一体型)
  ・WAONカードプラス
  ・クレジット情報が登録された「モバイルWAON」

公式サイトによれば以上です。

基本的に、イオンカードとWAONが一体になっているカードであれば交換元クレカとして有効と覚えておきましょう。

<blog管理人の補足>
  ・イオンカードG.Gマークつき(二券面)
  ・イオンNEXCO中日本カード(WAON一体型)
の二種類も交換可能だと推定されます。

交換元クレカがWAON一体型ではない場合は、WAONカードプラスまたはモバイルWAONにクレジットカード登録をすれば可能になる場合がありますので、その点も整理しておきます。

WAONカードプラスとは、イオンマークのカードとは別に発行することができるWAON専用のカードです。WAON残高が不足した場合、クレジットカードから自動で指定金額をチャージすることができます。

で、WAONカードプラスを追加発行することのできるのは以下の通りです(同じく、公式サイトから引用)。

  ・イオンカード
  ・イオンSuicaカード
  ・イオンETC一体型カード
  ・イオンゴールドカード
  ・名城イオンカード
  ・イオンサンデーカード
  ・緑の募金イオンカード
  ・タルボットイオンカード
  ・イオンセプコカード
  ・イオンルネサンスカード
  ・イオンスマートペイカード
  ・三菱商事石油・イオンカード
  ・荘銀イオンカード
  ・とりぎんイオンカード
  ・福銀イオンカード
  ・三重銀イオンカード
  ・イオンカードKitaca

同様に、モバイルWAONの追加登録が可能なカードは、

・イオンカード
・イオンカード(WAON一体型)
・G.Gイオンカード
・イオンSuicaカード
・イオンETC一体型カード
・イオンゴールドカード
・イオンカードセレクト
・荘銀イオンカード
・とりぎんイオンカード
・福銀イオンカード
・三重銀イオンカード
・名城イオンカード
・イオンサンデーカード
・緑の募金イオンカード
・イオンセプコカード
・コスモ・ザ・カードオーパス

とあります。

これで、紫色のイオンカードであればほぼ可能であるということが分かりました。WAONが一体型でない場合はWAONカードプラス、またはモバイルWAONに登録することで交換することになりますが、以下の点にご注意を。

・WAONカードプラスは発行費用が300円必要です
・モバイルWAONはおサイフケータイ対応の携帯端末が必要です

ここまでまとめます。

・紫色のイオンカードであれば、ほぼ間違いなく交換元クレカになる
・逆に言うと、本記事に当てはまらないクレジットカードでためたときめきポイントをWAONポイントに交換することはできない

となります。交換元として無効なイオンマークのクレカがあるということにはヒトコト物申したいところですが、ダメなものはダメということですね。。


これで説明終了では切ないので、力技の裏技。
ちょっと時間はかかってしまいますが、WAONも何もついてないイオンカードを申込んでおき、WAONカードプラスを付帯させておくという手もあります。
新しく申し込んだイオンカードでときめきポイントをためる必要はありません。後の記事で追記しますが、「ときめきポイントの合算応募」を使えば、いつも使っているWAON(プラスでもモバイルでなくても可)にポイントを寄せることができます!

長くなりましたので、一旦終了します。続きは第二回で。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

スポンサーリンク

RSS

相互RSS募集中!
こちらまでメールをお願いします

相互リンク集

リンク

流入元-人気ページ


blogランキング

アクセス元

アクセスアップにオートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら

旬のキーワード

  • SEOブログパーツ